インプラント|堀坂歯科・歯ならび矯正歯科

TEL.06-6631-2525

〒556-0011 大阪市浪速区難波中1-13-20
パークシティー御堂筋ビル3F

インプラントとは

インプラントはその失われた天然歯根の代わりとなる人工歯根の事です。インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれるほど、見た目が本物の歯ともほぼ変わらず、噛み心地や歯ざわりも同様で、従来の本物の自分の歯の感覚を取り戻す事が可能な治療方法です。インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。
※内科的疾患がある方には、治療できない場合もございます。

インプラントの良いところ

  • 見た目が天然歯とほぼ変わりません。
  • 会話の際にはっきりとした口調で話せます。
  • 自分の歯のような感覚で噛む事ができます。
  • 姿勢も良くなり健康に良い影響をもたらします。
  • 隣の歯を削らなくて済みます。

治療の流れ

初診相談
歯を失った部分に対して行う治療にインプラントを希望されていても、まずは、その他の治療方法も併せてご説明します。インプラント治療のメリット、デメリットは患者様のお口の状況によっても変わります。まずは、インプラントの治療方法をしっかりとご説明させていただきます。
口腔内検査
インプラント治療をご希望された場合、インプラント手術前の検査を2段階で行います。

1.簡易検査

問診
お体の状態や飲まれている(飲まれていた)お薬などの情報を確認いたします。
問診票や保管していただく手術詳細を記載した用紙をお渡ししております。
口腔内検査
インプラントを行う前に必要な処置がないか確認いたします。
模型検査
お口の型を採り、噛み合わせをチェックします。
レントゲン検査
二次元のレントゲン写真を数枚撮影し、骨の状態を確認します。
その他
かかりつけの医院(歯科以外)にて治療を受けられている場合には、治療内容の確認を照会させていただく場合がございます。

2.精密検査(簡易検査の結果で手術が可能と考えられた患者様に実施いたします)

CT検査
骨の状態をより詳しく診断するために、インプラント手術を行う患者様は、必ずCT撮影を実施させていただいております。
二次元のレントゲン撮影では不明瞭だった骨の状態を手術前に詳しく知る事ができ、手術のリスクを減らす事ができます。
患者様にとって、より安全な手術を受けていただくことにつながります。
口腔内検査
手術を予定している部位に軽く麻酔をかけ、針を用いて骨の状態を確認する場合があります。
診断
検査結果を、検査資料を基にご説明いたします。
また、予想されるリスクもご説明いたします。
一次手術
インプラントを骨に植える手術です。手術後にインプラントを歯茎の下に埋める場合、歯ぐきの上に一部を出しておく場合、仮歯までを当日に入れる場合がございます。当院は、GC社製、3i社製、ノーベルバイオケア社製のインプラントを使用いたします。
二次手術
一次手術で歯ぐきの下にインプラントを埋めた場合には、頭出しの為に二次手術を行います。
ブロビジョナルの作成
最終的な被せ物を作成する場合に、仮歯(ブロビジョナル)を作成する場合があります。
最終的な被せ物
の作成
被せ物の種類は各種ございます。お口の中の被せ物や詰め物の状態、噛み合わせの状態を調べ、ご相談の上で種類を決定します。
メンテナンス
一般歯科のメンテナンスと併せて、インプラントのメンテナンスも定期的に行います。被せ物が安定して使用できていれば、年2回程度となります。メンテナンスは一生涯続きます。

料金について

インプラント治療費は、下記の場合では、総額およそ40万円(税別)となります。
(初診相談から最終的な被せ物の作成まで)

  • 奥歯一本の治療
  • 金属の裏打ちのある歯の色と非常に近いセラミックの被せ物(メタルボンド)を使用
  • CT撮影代金を含む

  • 複数の治療本数となった場合には、
    被せ物の方法や 手術の回数によって治療費用は異なります。
    詳しくは、初診相談にてお口を確認させていただいた上で、
    ご説明させていただきます。